賃貸の経営|不動産投資を始めるならアパートの一棟買いに注目
男女

不動産投資を始めるならアパートの一棟買いに注目

賃貸の経営

模型

管理形態と注意点

マンションやアパートで賃貸経営をする場合、管理を賃貸管理会社に委託することが一般的です。賃貸管理を委託する場合、入居者からの家賃の集金を代行してもらうサービスや、賃貸管理会社にマンションやアパートを一括借り上げしてもらい、滞納や空室のリスクを負ってもらえるサービスがあります。一括借り上げの契約をする際には、契約内容についてしっかりと確認をしておくことが必要です。一括借り上げとはオーナーとの契約上の借主は賃貸管理会社になりますが、さらにその会社が貸主となって入居者に転貸をする為、基本的に入居者との契約内容は知らされません。確かに滞納や空室リスクを避けられるのはメリットですが、入居者からの家賃と賃貸管理会社から振り込まれる賃料がかけ離れている場合がありますので、保証される家賃の規定を確認することが大切です。また、賃貸管理を委託している不動産を売却する際や自身で使用する予定ができた際に、一括借り上げ契約を解除できるかや、解除の際の違約金の発生の有無や金額などの条件を確認してから契約をすることも大切です。

契約解除の際の手引き

マンションやアパートの賃貸管理を一括借り上げ契約で委託する際に、契約解除時に違約金が発生する場合があり、その金額は会社規定や契約内容によって様々です。中には数十万円程発生する場合もありますので、まず、契約前に契約内容を細かく確認することが大切ですが、もし一括借り上げ契約解除にあたり違約金が発生した場合、相談によって減額できたり免除にしてもらえたりすることがあります。また、事前通告というものがあり、契約解除をする前に契約書に規定されている期間より前に解除の意思表示や通知をすることで違約金が発生しないこともあります。また、賃貸管理会社の利益を確保する為に、不当に契約解除を拒む会社もありますので、その際は不動産に詳しい弁護士などの専門家に相談することが大切です。